中田翔に「1球もふるな!」 巨人阿部監督。

巨人、阿部2軍監督・・・、

中田翔さんといえば、日本ハムの四番バッターとして在籍していたが、事件があって自粛をしていたが、巨人軍に移籍が決まった。

今2軍にて調整中だそうだが、二軍監督の阿部さんが 館に対して1球もふるなど指示をした。

中田ぐらいの選手になるとフルカウントになるケースが多い そのタイミングを掴んでいくための練習だと言う。

レグナライトこういう練習ができないということで、あえてバッド風呂の後監督が指示をしたという話であるが・・・、どうでしょう。

もちろん阿部監督は現役では、素晴らしいバッターで ヒット数が半端ない、そんなバッターだった。

だからバッティングに関しては、神的存在だろうと思うか  そんな感動からのコーチである・・・、いいんじゃないですか。

大阪桐蔭ですから・・・。

中田選手といえば広島出身の大阪桐蔭に在籍していた 有名なバッターで・・・、なんしか、大阪桐蔭ですから。

しかも全盛期の頃の有名選手で・・・、日本ハムファイターズに入団して、初めの方は芳しくなかったが・・・、清原さんとかが 惚れ込んでた選手で、彼は必ず四番バッターになるだとなるだろうと、かなりおしていたことを覚えてる。

さすが清原さんでその後活躍をして 四番バッターになった。

年齢的にももう32歳ということで プロ野球経験も長くなってきた。

最終やっぱり巨人軍にということなんでしょうか、やっぱり有名選手っていうのは、基本的に巨人を経験します。

これって登竜門なんでしょうか、清原選手もそうですし・・・。

落合選手なんかも そうだったような気がしますが、大概 巨人に入団しますが・・・。

巨人を経験すると なんとなく名前がすたれないような気がする 、名前を残せるにつきるような・・・、さすがの巨人軍です。

日本ハムもすごいですが・・・。

でも、 中田選手がいた頃の日本ハムも  結構、素晴らしい選手が在籍されていたような気がしますが・・・。

ダルビッシュ選手や、新城選手、ほか盛り沢山って感じですが、パリーグのそうとう強い球団でもありますし。

そんな球団の四番バッターをやってたわけですから すごい選手です。

環境もよかったでしょうし・・・、 そういや 大谷選手なんかも日本ハムだったと思いますが・・・。 そんな選手たちとプレーをしていれば おのずとレベルが上がると思いますし。

それにしてもわりと皆さん日本ハムを卒業して行きますが・・・、その辺詳しいことはわかりませんが。

まさか、中田選手までも日本ハムを卒業するとは思いませんでしたが・・・、 また移籍先が巨人軍ということで、当然の如く活躍されるでしょう。

さすがの中田選手と誰もに言わせることでしょう、非常に期待をしています。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする