テレスコロッドの紹介番組”Telescopic Rod Craft”がおもしろい。

持ち運びが便利なロッド

バスロッドにも 継ぎのないものや、2本とか4本とかの継ぎのロッド でこの振り出しのロッドがある。

しかも、非常に短く出来るロッド、タックル。

このテレスコの製作や 改善を紹介してるyoutubeの番組です。

工房とかが作れる方とかなら 非常に参考になる番組だと思う。

結構、詳しく説明してるし・・・。

■Telescopic Rod Craft

電車釣行とか旅のついでにとか・・・。

素人の釣りなら、この便利なテレスコで十分だと思うが、そりゃ、プロのかただとかは、やっぱ、トーナメントとか 利益を意識するので いい竿を造って高額で売りたいし トーナメントでもいい結果を出したい。

そうすっと、実際の釣りに対しては やっぱ状況にあったロッドが必要だろうし いいロッドを使えば 魚も取り込みやすいし・・・。

てことで 本気で しかも、魚釣りを業としてる人ならともかくです・・・、僕たち一般の釣り好きは オカッパリの電車釣行です。

ボート持参の車で行く釣行ではないのです。それなら、やっぱ テレスコロッドです。

カバンにもすっぽり入るし 電車のなかでも なんか、竿を持ってるって ちょっと不自然で・・・、そんな時のテレスコロッドです。

テレスコロッドを主体にして売ってるメーカーさんもいますが、大体 7000円とかでうっていて、どうでしょう 質的にはまだまだって感じはある。

それってやっぱ、いいものをバスに特化してる 有名なメーカーさんが作るとしたら 多分 いいテレスコを作ってくれるんだろうとおもうが でも、バス釣りに関しては 結構、テレスコって不適合なんでしょうか あまり、有名どころは造ってはいない・・・、と思う。やっぱ、普通の継ぎのない 一本ものがスピニングにしても、ベイトにしてもいいのは決まってる。

でも、車がないともっていけないし、車の無い人は困る。そこで、テレスコです。

安価で製作できる。

実際、この番組では 割と安価なものも紹介してて ダイソーで買った安い スピニングをベイトロッドにしてみたり、ロッドのパーツを変えてみたり、しまいやすいようにテレスコを改造して 短くしてみたりということで・・・、いろんなことを紹介しています。

ロッド作成って結構 面白くって ロッドを切って削って 磨いて いろいろ調整して 接着剤でひっつけてみたり、ガイドをつけたり 色を塗ったりと。

ロッドを握るところを改造してみたりすることでも 結構、楽しい。

で、昔と違うのは 大概のパーツはamazonとかで売られてる。

で、買ったものを削って貼ってって感じで改造していく、これが楽しい。

そんな 道具ややり方を逐一 説明してくれてます。ま でもテレスコ主体ですが・・・、どうでしょう。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする