バスタックルの”PEライン”が 軽くって使いやすい。

PEラインがすごくいい。

ブラックバスでもスピニングはフィネスでは結構使う。特に面白いのは ゲーリーのカットテールのノーシンカーとか、フリックシェイクのワッキーとかには やっぱ、スピニングを使う。

そこで、このPEラインです。ベイトリールだと 少しバックラして糸が絡むと リーダーのノット部分で切れてしまう時があるので ちょっと引いてしまうが、スピニングだと その心配が無いので 結構気軽に使える。

糸が軽いので飛びも最高で、結構ルアーが飛びます。最初のころは、このPEラインがネガカリとかすると切れないので結構厄介で 切るのに一苦労しますが、リーダーをつけるとその部分で切って処理ができるので これがいい感じで、問題はこのリーダーをつける時のノットのやり方、結び方の問題で 変な結び方だとリーダーがPEに負けてしまってすぐに切れてしますので ノットが問題になる。


■PEを巻いたスピニング


■これ結構やすいPEラインです。ネットで買った。


■リーダーと結ぶ

リーダーの結び方が結構問題で、

結び方といってもいろいろあって 一番簡単なのはやっぱ、電車結びかな~。簡単で結構、頑丈です。その他、編みこんで行く方法とか もっと難しいのもたくさんある。ありがたいのは このPEが糸状態なので結構扱いやすく 結びやすい。

ナイロンとかフロロだと形がついてしまって 言うことをきかない。フロロは伸ばせばまっすぐにはなりますが・・・。また、このナイロンとかフロロのクセの問題で これがよくロッドにひっかかったりして また、クセで糸がぐちゃぐちゃになったりとかで せっかく新しい糸をたくさん巻いても よれてしまって それこそぐちゃぐちゃになってしまって 使えなくなってしまって 切って捨ててしまうケースも多々ある。

ところがPEの場合だとそういうことが無く、綺麗に使える。その分使い勝手がいい、全然よれないし トラブっても元の状態に戻しやすいし、非常に使いやすい。


■ノット いろいろ!! こんな感じであります。

PEラインはクセが無いので扱いやすい。

それと、クセがなくいつもまっすぐなので やっぱ、反応がいいのかな~、魚が触った時の反応がいい。ナイロン・フロロの場合はどうしても リールに巻いた時のクセがあるので その分反応が伝わるのが少し遅れそうな感じがする、PEは癖が無いのがいい。風に吹かれやすいとか 水に沈みにくいとかいうが フロロとかナイロンだって吹かれやすいし、水に涼みにくそうだ、。

PEの場合は 本当木綿糸状態なので やっぱ、擦れると切れ易いとは思うが、その点ナイロンとかだと 伸縮性が結構ある分 傷はつくがそう簡単には切れなさそうではあるが、ただ、リーダーをつければ、擦っる部分を結構回避できるとは思うので やっぱ、リーダー部分が重要になってくる。

結果、やっぱ結び方が重要だと思うが、そういうことになりますか?結び方も簡単なやつで頑丈なのがいいので やっぱ、電車結びになりますか?だめなのは、1本で結ぶやつ!これってすぐに切れてします、投げるときに切れてしまうので 結構糸に巻きつける奴がいいとは思うので その点要注意ですが。

PEラインはよく飛ぶ。

でも、PEだと軽くって よく飛ぶし、だいたいフロロで5とか8ポンドとかそんな感じの糸がPEだと 0.5とか0.8とか 異常に細くって軽い、こりゃ飛ぶわって感じです。特におかっぱりが多いので 向こうの浮いた草に際にとか思ってしまうので そんな時にこれ 軽くって飛ぶ。多もん偉いの少し大きめのワームとかでも 切れないし軽いので 重みの分だけ飛ぶし 結構目的地まで飛んでしまうし やりやすい。ただ、スピニングなので 魚がかかった時、ロッドがやらかい分だけ 即対応ができにくい。

その分は少し硬めのスピニングロッドがいいのかな~とか思ってしまいますが、ロッドも結構 高価なのでそう簡単には変えないので テクニックでカバーするしかありませんが・・・。


■このカットテール、ノーシンカーでよく飛ぶ。


■楽天検索


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする