ブラックバスにはまった瞬間!

バス釣りなんて全く知らなかった。

ブラックバスって魚があって、昔から少しは知ってましたが 実際に釣ったことが無くって・・・、そんなこんなで なぜか昔住んでた大阪市内の南部から 結構、車で行くと近い所に池っていうか まっ、野池ですが そこでみんながバス釣りをしていた。

初めは何も知らないから スピニングでソフトルアーをつけて 特にワームをつけて釣っていたが 一向につれる気配がなく、そのうちこのスピニングに 今ならわかるが、クランクをつけてシャローのクランクですが それを弾いていると トップで少し何かが当たったみたく思って・・・、”もしや魚”、”もしやバス?”って感じて それだけでも感動した。

そんなかんじで実際、バスを釣ることはなかった。ただただヒマで  ロッドをもって投げてるだけで 結構楽しかった。


■ブラックバスです。これが・・・、


■琵琶湖の釣り場風景、こんなところで釣りをする。

”青連寺湖”でバスが釣れてこれが感動もの。

ところが、ある時期 親戚が三重県の名張って街があって その近くに”青連寺湖”っていう湖があって 蓮っていう字が旧字体ですが・・・、そこでバスが釣れるということで行ってみた。

しかも、車が置ける”親水広場”っていうところがあって そこに車を止めてバスを釣ってみることにした。

その前に 名張に来る途中に”アングラーズ”という釣り具店があって そのこでワームを買って その”ワーム”が結構なあたりワームで・・・。いまだに使いますが、これが”ジャッカル”の”フリックシェイク”の”グリパン”で これがすごい、っていうか初めてバスが釣れることを知ったワームでした。

この”青連寺湖”の親水広場の前の水辺の所に ポンと投げる、ズル引きでバスが釣れてくる・・・、何これって感じでしたが。仕掛けは三俣のキャロでオフセットのはりで このフリックシェイクを投げて引いてくる・・・、”釣れる”。何回かやってると 場所が特定できて来て その場所に投げると すぐに反応して 結構簡単にバスが釣れる。

その場所には底のほうに水草があって そこにバスがついてる?って感じ。バンバン釣れれてくる感じでしたが、水底のウィード部分です。


■ジャッカルのフリックシェイク、グリパン。

■楽天検索


■この尾っぽのところの落ちる時の動きがいい。


■青蓮寺湖の小さな公園”親水広場”


■こんな水草がある所にバスいる。

バスが釣れると水面を飛ぶ。

魚の引きもよくって 必ず魚が飛ぶ!これがすごい。これまでは海の魚は釣りに行ってたので 魚の引きはわかりますが、魚が飛ぶ!って感じが初めてだったので すごいとか思って そのまた飛んだ感じがいい感じで・・・。

カジキマグロを釣ってる感じ、カジキマグロ釣りのちっさい番って感じで シーバスなんかもそうなんでしょうけど、でも浮き釣りとかで ”ハネ”とかを釣ってもはねないと思いますが、釣り方もあるんだとは思いますが スピニングでもベイトでもロッド ライン直っていうのがいいのかも。

でも、バス釣りが感動もので それから少しの間 この”青蓮寺湖”に通ってしまいましたが あくまでもおかっぱりで しかも同じ場所で・・・、行ってましたね。


■こんな感じでバスも飛びます・・・、

そのうち湖面が下がって 水草が丸見えになってくると その場所は釣れなくなりましたが・・・。

そんな感じで バス釣りの始まりでしたが、今でもバンバン釣れます、おそるべし”青蓮寺湖”です。

ただ、釣り券を買わされます。日券、1000円です。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする