お金持ちになるためには・・・。

お金持ちって

長年生きて来て できなかったことって やっぱ、お金持ちになることかな。

これがなかなか難しい・・・、でも もう一度やれるとしたら やっぱ、金融系かな。

特に証券とか お金を生む方法を考えるとか そんな事だとは思うが。

超お金持ちになるなら やっぱ、ヴァフェットがやってるような事だとは思うが。

要するに 会社を買って その仕事のできるトップをハントして その会社を任せる。そして、その会社が優良なものになれば、株価が上がる。

株価があがれば、会社を転売すれば すごく大きな資金になって また、会社を買って・・・、その繰り返し。

zozo townの前澤さんが 会社を売って 多分、2000億ぐらいだろうから、ヴァフェットの資産なんかは、とてつもないんじゃないか?個人資産もすごいし 持ってる法人資産もすごいだろうし、毎年の株式配当も とてつもないと思いますが。

民主の鳩山さんのお母さんが ブリジストンの株を持ってて その年間配当だけでも すごいもので 鳩山さんなんかは、50歳こしても 月に2000万くらいは小遣いをもらってたってことだから、ヴァフェットなんかの 規模は相当なものだろう。

会社を作る?

昔は、漠然と会社の社長をやれば 当然お金持ちになれると思ってて 会社をやるにはどうしたらいいか なんて 考えて とりあえず、会社の造り方を勉強しようってことで 書店にその類の本をかう。

どんな会社がいいか 企画から設立まで その後の税金対策までって ひととおりは書いてある。

でも、会社なんて 仕事の延長上の問題で 仕事が儲かれば、法人にして経費を使ったほうが お金が合理的に使えるってことで。

まずは仕事をすること 今、やってる仕事で一流になることで 会社なんかは ゆきがかり上、自然にできてしまうもので とりあえずは、今の仕事を大切にすることだ。

で、会社になったからって お金が簡単に儲かるものでもない。

上場企業なら、お金を借りても問題はないと思うが、上場以外は、へたすれば借金倒れになることもある。個人事業なんかは特に怖い。

そう、お金持ちになれる方法ではないのかもしれない。

会社が借金まみれなのに 人に社長といわれて 悦に入ってる人間も多いと思うが。

結局、従業員に対する給料遅延 挙句は倒産って感じで それってどうよっていうのもたくさんある。ヴァフェットがやってることとは次元が違う。

やっぱ、投資家志向か?

何が 一番のおかねもちになれる方法かというと どうだろう? 

やっぱ、お金持ちに 直接教えてもらうことかな。ヴァフェットの弟子になればいい。その方向性のある人の弟子になるのが 一番簡単かな。

日本だと 孫さんとか三木谷さんとか そいった人の弟子になって教えてもらうのが 一番いい。そうすっと、どんどん 会社の買収をして 経営を生かして どんどん、資産を増やせる。めっちゃ、”カネモ”になれる。

少し失敗しても どうだろう 師匠に泣きつけば 100億ぐらいは融通してくれそうだ。

なにか、仕事があたって 資産ができれば 金融関係の企業を買収して そのバイタリティでお金を上手に使って どんどん大きくなっていく。小林一三しかりで 今も昔も一緒か?

少しは厳しいこともしたり、ただそれは経営上間違っていない 合法的なものならいい。でも、基本は金融だ。

そんな考えがどんどん広がる。でも、結局は 先にいった、孫さんや三木谷さんの弟子にいなろうと思ったら 最低でも東大ぐらい出ていないと弟子にはしてもらえそうにない。ヴァフェットとかだったら ハーバードぐらい出ていないとって感じです。

ま、とどのつまりは 勉強して東大にでも行かないと ”カネモ”にはなれないってことでしょうか。

ま それでも 人より少しだけお金を持つぐらいが 人生何もなく幸せかもしれないが・・・。

普通が とりあえず一番かな?!


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする