ヒカキン、チャンネル登録者数1000万人突破!!

ユーチューバーの鏡です。

しかしすごいよね、 HIKAKIN!!  登録者数1000万人突破っては、1回何かを投稿すれば、それがもし1000万人の人が視聴すれば なんと、100万円ぐらいの広告料、ってすごいよね。

かなり、 HIKAKIN の場合は番結構時間もかかるでしょうけども、時間のかけがありですよね。

1回投稿すれば100万円、何これって感じの・・・。

テレビ出演料のみのギャラです、しかも YouTuber ですから 自分で作ってますから・・・、すごいとしか言えませんが、どうでしょう。

会社の役員も・・・。

HIKAKIN といえば、ユーチューバーの元祖、カリスマ的存在ですから 初めは商品紹介に意図とかそういうことではなかったみたいですけども、 いつのまにか HIKAKIN の商品紹介、新しいものを買った時にそれを開ける、紹介する、売り込みする。

別案件も発生して、そら、すごい利益になったでしょ。

ユーチューバーのマネージメント会社もたくさんできて、その創始者役員になって そっからのギャラもすごいんじゃないでしょうか。

またひかきの場合は若い、お兄さんも引っ張り出して、みたいでがっちりタッグを組んで儲けていく。

最近は彼の影響で、 YouTuber になりたい若者もたくさん出てきて 今後のプロデュースにも拍車がかかる。

そんな感じの存在です・・・。


■兄、セイキン

この文化・ビジネススタイルがすごい。

何よりもすごいのが、そんなシステムを生み出した YouTube と言う文化です。

広告関係というのがやっぱ、 テレビのもしくは新聞の独占市場でしたが、ネットや SNS が入り出して、ほぼその主催者の収益は広告収入になってます、ポータルを作ってるヤフーなんかも然りです。

それを個人に利益配分をして、もっと出場広げていこうという素晴らしいシステム、過去にはなかった文化圏です。

誰でも今日からユーチューバーになれる、そんなシステムです。

チャンネルを作ってくれれば作るほど、広告範囲は広がっていく。それに対する見返りも発生する、これほどやりがいのないものはありません。

ただなかなかヒットするのが難しい、そこら辺で色んなトラブルも出てくる。

若い子の行き過ぎ行為、たくさんトラブルも出ています。

結局、 HIKAKIN のような正統派、人に喜んでもらえる悪意のない番組を作る。

しかもすごいのは売れて裕福になってもまだ番組を作っている。

若いということも加えて、限りなく追求していく、その果てに来る成果です。

時代についていたというのもあるでしょうけども、 それだけじゃできないことなんでしょう。

やっぱ、正義は勝つです。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする