カオスな衆院選! 山本太郎、籠池諄子氏。

自民党はあまり変わらない?

いよいよ衆議院選挙です。

新しい総理が岸田さんに決まって 自民党は今後の衆院選で勝利するんでしょうけど そして岸田総理が今後任期まで頑張っていくんでしょうが・・・。

あまり変わらない自民党政権に対する野党の動きが 気になるところではありますが、そんな中で 山本太郎さんは、 石原伸晃氏がいる東京8区から 出馬するみたいで、他の地盤を持っている野党議員の邪魔をする形になって それに関しては山本太郎氏は謝罪を含めて、やはり石原氏に勝ちたいと言うことを主張した。


■山本太郎氏

籠池さん出馬。

そんな中で、面白いのは籠池氏である。籠池さんといえば森友学園の騒動で有名になったが、やはり、打倒安倍さんだ。

あれだけ騒がれてかなり悪者にされてしまったのでその悔しさは、すごく分かるような気がします。

やはり安倍さんに対する忖度があって その辺をついた籠池氏の昔ながらの商法、 今いる力のあるものと近づいて その知名度を借りて政治を動かす、昔の人がよくやるもので 偉い政治家の方や 有名人と撮った写真をよく応接室などに飾って 言えば自分の知名度を上げる。

簡単なやり方だけど 結構効果のあるやり方で、商談相手については  この方はあの人と関わりを持っているというだけで それが商談の決め手になったりもする。言えば暗黙の了解、圧力というものだ。

一番利用しやすいやり方だ。

阿部さんに対する報復せん

だけど籠池氏としては そのことが発端で1年2年にわたって 森友問題の中で自分たちが非常に悪人にされた、悪人のように言われた そのことに対する 言えば復讐劇的なことで・・・、今回の衆院選に出馬をする。

当初は旦那さんが出馬するんじゃないかと思われていたが、奥さんが出馬をするそうだ。

旦那さんの証人喚問の対話を聞いていると  かなり堂々としていて政治家に向いているんじゃないか ・・・、と思う。

だからまあ必然的に出馬するのが、 旦那さんの方 籠池泰典氏が出馬するんじゃないかと思われていたが、期待を裏切って奥さんの籠池諄子氏が出馬することになった。

籠池諄子氏といえば、森友学園の経営問題で 市の職員の行政指導に対して、職員さんが足りないという指摘に そんなことでは学園は運営できない 規定通りにやってうまくいくわけがないといいのけて、息子さんに””お母ちゃんそれはいいすぎや・・、”的な止められ方をしていたが 少し滑稽で 可愛い人のような印象があるが・・・。

今回は安倍氏に対する報復戦、特に昭恵さんに対する報復戦なんでしょうか。

自民党と官僚の癒着?

しかし森友問題はひどかったですね、自殺者なんかも出て それでも資料を明るみに出そうとしない政府のやり方 やっぱりことは密室で決められている的な・・・。

どうも納得いかない官僚たちのやり方ではありますが、自民党政権を守るために  官僚たちも必死です。

やはり長きにわたって政権を維持し 官僚たちもそれとうまく並行して二人三脚でやっているわけだから  どうしても他の政党に与党を任せることはできない。


■森友問題

官僚たちは優れた人ばかりだから その辺の戦略は多分すごくよくできているんだろうと思う。

民意としてそれを打ち破るような政党が出るかと言ったら やはり官僚の方が一枚上手のような気がする。

日本の歴史わからない、明治維新があり 戦後の経済復興を含めて その人間の流れは今も全く変わりがない、

人の癒着の中で今後も100年は続いていくだろうと思いますが・・・、どうでしょう。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする