大阪フィッシングショー2020に行ってきた。

地下鉄でいく。中央線です。

大阪の南港で毎年のように行われる、”フィッシングショー”があって 確か、東京・大阪で開かれてるみたいで 毎年気になってて それで 今年、初めてですが行ってみたって感ですが・・・。

場所は、南港のインテックス大阪って会場があって いろんなイベントはここで行われるケースが多いが、毎年のように車で近くまでは行くが 込んでてなかなかなので 今回は電車でいった。そうすっと 簡単にいけた。

とりあえず、南港ですので 中央線の”コスモスクエアー”っていう駅までいく。そしてそっから”中ふ頭”っていう駅まで モノレールみたいなのに乗って これが、住之江公園までいくもので コスモスクエアーから2つ目の駅かな~、そこからインテッックスまで歩く。

いくときは 何も分からずいったので そうなったが、バスの臨時便がコスモスクエアーからインテックッスまで 出ているみたいで こっちのほうが簡単だったが・・・、帰りはその方法でいったが、行きもそういけばよかったって思った。

そんで やっと、会場に着いた。みんなも同じ方向に歩くので 行く方向は簡単だが・・・。


■入口がこんな感じ・・・。

4館にわたってやってる

会場は、4つの館にわかれてて 6のA・Bと 4号館・3号館って感じで それどれのメーカーのブースが その4つの館に入ってる。それで館を行ったり来たりで 入場料は1500円で どっかの館に入る時にチケットを渡すが、スタンプを手に押してくれて それで、どこの館もいききできるようになるってことで・・・。

なんか、youtubeのバス番組で有名な ”マスゲン”を見てると7日に言ってるみたいで 業者向けのプレもあるみたいで 今日はホンチャンの8日なので youtubeで見るよりは、人が多い。とにかく大盛況ですって感じでしたが。

6号館のAに入ると ほぼ、バスでは有名なメーカーがほとんどはいってて、”ジャッカル”や”エバーグリーン””メガバス”とか 大手の”シマノ”さんとか で、ジャッカルでは、”水野”さんが舞台でトークショーをやっていて 人がたくさん集まってる。その他、エグジグで有名な”江口”さんとか メガバスの社長の伊東さんとか もう、結構 有名人が目白押しで これだけでも1500円の価値があるんじゃないか?

そういや~”村長”もいましたか?今日見たのはそんなところでしたが。やっぱ、有名人は人気あります、みんな見てますから、人盛りがすごいですから どうよって感じですが。


■水野さんがトークショー、よくみえない。


■メガバスの社長です。

バスフィッシングはファッショナブル?

釣りっていうのも”ブラックバス”以外にも ソルト系も 河とか渓流もあるので でも、ほぼバスメーカーがやっぱ人気なのかな~とは思う。やっぱ、こういうイベント事があると 人気があるものってすぐわかる感じがするが・・・。

まずは人間なんでしょう。特におしゃれで格好いいっていうのが やっぱ、先行してしまう感じで、バスもキムタクとかが、富士さんのふもとでバスを釣ってるっていうので ちょっと人気が出たころから やっぱ、少しファッショナブルってところがあって、いまだに琵琶湖では、俳優の反町さんやミュージシャンのイエモンの吉井ちゃんとかがきてるので ほかのソルトとか渓流とか 河の鮎とかはやっぱ、少し年齢層が上で そういったファッション性っていうのも 少し劣ってる感じがして やっぱ、人気が落ちるかな~。

そのへんつらいところですが。でも、チヌ釣りをやってたせいか メーカーで有名な”黒鯛工房”もあって 見てみると やっぱ、釣り具が半端なく高いか。鮎もきっとそうなんだろう、その分年齢層がすこし上だから お金も出せるってことなんでしょうけど それにしても高い。ブラックバスなんかは その点、安い。

ルアーもよく釣れるルアーが 一つあれば 永遠にそれ1本で行ける、いえば 餌代がいらない。ところが ”マルキュウ”さんも出店してましたが チヌとかになると 1回行くたびの やっぱ餌代だけで 3000円ぐらいはかかる感じで・・・。

3000円あれば、バス釣りのいいルアーが結構買える。今回も ジャッカルさんの”シャッド”っていうルアーがあるが ミノーの小さい番って感じのルアーだが これが見たくって そればっか気にして 各メーカーのシャッドを見てましたが、このルアーが案外に高い。大体1500円ぐらいはする。でも、毎回かかるわけではないので ロストしなければ永遠に使える?

そんあな感じなので。やっぱ、バス釣りは合理的で手が出しやすい。結構、釣れるルアーとかは大事にするし・・・。

でも、チヌ釣りなんかも安くしようとしたら 多分安くなるんじゃないかと思うが。

最近は結構 いい感じのチヌ用の疑似餌のワームが出てますから。


■DEPSですね。


■オリンピックとか

ソルトがバス化してきてる。

でも、最近はバス釣りの延長で ソルトでもルアーやワームだし、渓流でもそうだし あと、鮎なんかもそうなってきてる感じで。鮎によく似た疑似餌で まずは1匹目を釣るかんじで それをルアーでって感じであるし。

海はまるでバス釣りのように 最近は海でもワームをつけて テキサスリグですから。バスフィッシングの 釣り業界に対する影響は非常に大きく 一種の革命っていうか 釣り業界に革命がって感じの時代になってきて。

魚は、さかななので 行動パターンが多分 一緒なんでしょう。そりゃ そうです・・・。


■ジャクソンが見える

釣り具業界は今後が楽しみ

でも、このフィッシングショーに象徴されるのは、メーカーがすごく増えたことですか。昔はダイワ シマノ って感じでしたが、今はルアーメーカーがたくさんある。その周辺商品についてもFUJIとかは有名ですが そんなにメーカーもなかったと思うが、最近は非常に増えたような気がする。

やっぱ、いいルアーを作るってことと 会社を作って独立するっていうのがポピュラーになってきたんでしょう。それで、シマノなんかも ダイワなんかも 有名なルアー会社との提携商品的な、自分ところよりいいものを作る所に出資するような感じで そのへんはいい時代になってきたんではないかと思うが・・。

釣りってそんなに流行りが変わるってことはないので 衣服とかのように時代が変わって 昔のメーカーがバンバン倒産するとか そんな感じにはならないと思うので 徐々にではありますが、年々伸びながら 大きくなっていくんでしょう。そのうち競争が起きるかもしれませんが。やっぱ、創業者に大手の開発部の出身者が やっぱ多いような気がするし これからもさんざん 出てくるんじゃないでしょうか?

でも、ワームもルアーも形態的に出尽くしてる感はありますが。これから どう変遷していくかが 非常に楽しみですが・・・。

どうでしょう?


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする