ちぬ釣り!三重県海山町”白石湖” かならず釣れるデカイのが・・・。

釣りに行くには朝早く出ないと・・・。

チヌ釣りっていうか、釣り全般がそうだと思うが 交通が大変です。

釣り場っていってもかなりの遠場で いつも、車で2時間て感じの所です。朝の3時とか4時ぐらいにおきて 釣り場に向かう。

2時間ぐらいは運転で 特に朝は車がすいていて スピードには注意ですが、バブルのころは、ゴルフに行く老齢の方々が車をすごく飛ばすので 老人暴走族って言われたぐらいで 特に結構金持ちが多く いい車に乗ってるので スピードもバンバンでます。釣りもそんな感じで、バンバン飛ばします。

大阪から三重県まで2時間ぐらいですか?それぐらいで着きます。朝の出船は 早い時は5時ぐらい 遅くても7時ぐらいです。


■こんな感じの”いかだ”、横並びに2つ


■ロッジ山水

海山町の”白石湖

そんな釣り場の中で めっちゃ遠いって感じたのが ここです。海山町の”白石湖”っていうところです。

何で知ったのか覚えてませんが、多分雑誌とかで見たんでしょう、デカイのが釣れるって・・。

季節は冬場、1月2月ぐらいの雪の降る時期です、決まった場所で 夕方の4時前後の地合いになると かならずといっていいほど 50センチ前後が釣れます。

また、この辺は浅場で 7メートルぐらいしかないので いたって簡単な釣りになりますが・・・。渡船さんは”ロッジ山水”さんが多かったかな、とりあえず場所の取り合いになってしまうので 朝はやっぱ6時ぐらいまでにいかないと いい場所が取れないと思いますが・・。


■白石湖のチヌ


■白石湖周辺地図

時合いには必ず釣れる?しかも大きい?

いい場所が2か所ぐらいあって 奥のほうの”いかだ”が2個並んでて そこがポイントです。

2月の初旬ぐらいに 連日、50センチ以上が上がりました。この50センチっていうのがチヌ釣りの面白い所で ”年なし”っていってなかなか釣れないサイズですが、別に釣りがうまいとかヘタとか そういったことは関係なく 釣れる時は誰でも釣れます。

特に この白石湖の釣りは ほぼ、向こう合わせになるので 完璧にチヌが餌をくわえて持って行ってくれます。なので、誰でも釣れそうです。餌の関係でしょうが、ボケっていって生き餌で柔らかいので その分あたりがすごいって感じです。

上がれば50センチです。釣り方はダンゴでもいいし、シャクで投げてもいいしって感じで、シャクで投げるほうがあたりがわかりやすいし 地合いを逃さないって感じではありますが、着底と同時に当たることもあるし、着底してから1分か2分ぐらい町こともあるし、とりあえず 夕方4時前後に落とし込みの感じを何回もしてれば、かならず反応するとは思いますが、ただ、寒い! あるときなんかは肩に雪を積もらせながら釣ってたこともありますが、その日も53センチぐらいを釣りましたが・・・。


■魚拓 51センチ!

この辺の漁師さんは結構裕福です。

この辺はカキの養殖イカダが多く、土地の人もカキ養殖の人も 結構いるんじゃないですか?

カキの養殖と カキ料理の宿を経営って感じで 朝夕は渡船って感じで 結構、裕福な漁師さんが多いような感じもしますが、この”ロッジ山水”さんもそんな感じの漁師さんです。

寒いし、仕事はきついんだろうけど 結構裕福で うらやましい限りですが、一回別の渡船屋さんに行ったら、今はカキの時期で仕事が忙しく 渡船どころではないって渡船を断られたこともあるぐらい カキの養殖が盛んになってます。うらやましい限りですが。

それとこのへんの渡船は時期が決まってて 何月から何月まで休みって時期もありますので そのへんはチェックですが、ただ遠い。

今は高速が結構延長されて 近くまでついてますが、昔は高速を降りてから 下道、国道42号線が長い。目的地まで高速を降りてから 1時間ぐらいかかってました。大変でしたが、チヌ釣りたさに通いました・・・。


■山水の”牡蠣”


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする