営業職のすすめ一覧

まだある、”教育産業”の営業6

営業会社が簡単に作れることがわかると やっぱ、分裂します。安全な方法でお金が儲かるなら 多少のリスクはあっても やっていくんじゃないかな。営業会社によくありがちなことで 一人勝ちっていうわけにはいかなくって おいしい話はみんなでって感じになります。

まだある、”教育産業”の営業5

教育産業で すごく効率のいい仕事の状態の時があった。 今日は昼までって感じで 夕刻の就業時間まで仕事をしない。やっぱ、会社の方針で リストを延命させるためでしょうか。 いいリストは使う量を決めて 1日分の成果が午前中にでれば、昼から休みってことで。

まだある、”教育産業”の営業4

この電話での営業はミラクルでしたね。今はそんな初めての人からの電話って まさに”オレオレ・・・”的なことになるので とうてい無理な話かもしれませんが、ちょっと昔はいい時代でもあって そういったことが可能でした。リストもとことん使える、やっぱ人が変われば 違うように聞こえるし、電話なのでやっぱ、声の質次第です。

まだある、”教育産業”の営業3

教育教材の電話営業は効率もよく 実労時間も9時から夕方6時で 土日も休みで 通常の営業会社では考えられないくらいに楽というか 本当に仕事が楽でしたが、しかも少しばかりんの歩合もあって 給与も30万ぐらいで平均してて 仕事的には非常にいいものでした。

まだある、”教育産業”の営業2

とある社会人向けの教材を販売するのに、昔はアポイントを取って サンプルの教材なんかを持っていって お客さんに見せて それで判断してもらう方法が 初期で 少しアナログ的ですが そういった販売だったんでしょう。

まだある、”教育産業”の営業1

教育産業界の営業といえば、大昔は”百科事典”とか 学校教育の補助教材とか 今にしてみれば、あほほど高い値段で販売されてました。 百科事典が14万とか、学校の補助教材が 小学校・中学・高校 と全部で150万とか バカほど高い値段で 本当、信じられないって感じでしたが。

とある”証券会社”の営業10

この先物の営業というか・・、全体的にそうなんでしょうけど 営業の市場には、結構 専門職のかたとか 技術系の方が多かったように思う。同じ営業は 絶対にダメで やっぱ、専門職や技術系の人たちがいい。 やっぱ、営業さんは なんでもよく知ってるし 商法上の法律やトラブルについてはプロですね。

とある”証券会社”の営業9

この先物取引の会社っていうのが、一世を風靡した”社会問題”の根源だったのか?  その頃にはやった金融系の犯罪。大きい所では”豊田商事”とかです。もともと、彼らっていうのは やっぱ、この先物相場の営業出で こういう営業の仕組みを知っていたんでしょうけど・・・、って話ですが。

とある”証券会社”の営業8

とある証券会社は、先物取引で営業がすごく厳しかった。なんしか先物相場ですから、そりゃ怖いです。 現実的にも証拠金で しかも営業はお金をたくさん集めないといけないので 次から次と 買い増しをかける。

とある”証券会社”の営業7

しかし、先物取引の営業の人間もやっぱ、ちょっとすさんでる感が多分にあった。よく、会社が終わった後に みんなで酒を飲みに行く、そんでワイワイ会社の悪口や仕事の事を言って結構 酒を飲む。で、この会社には寮があって みんなで酒を飲んで 遊んで 時間がよなかで遅くなると 寮に住んでる人間もいて 寮によって また、少し飲もうてことで みんなでタクシーで帰って 寮に寄る。

とある”証券会社”の営業6

営業形態はやっぱ、対面営業です。営業に出る前には、上司に訓練を受ける。常識ですが、これが結構厳しい。それこそ 新聞紙を丸めた棒で頭をたたかれながらってことで でも、基本は教えてくれる。やっぱ、営業は5感に訴える・・・です。お客さんの横に座って 特に目・耳に訴える。

とある”証券会社”の営業5

先物取引の会社では、いい営業姿勢的なものを教わった。その点は非常にメリットがあった。 もちろん、登録外務員試験を受けないといけないので 入社して3カ月は勉強をさせてくれる。少しずつですが、毎日勉強していく。 そんで、最終的には 運転免許と一緒で 大概、出題傾向の問題を ほぼ、同一ぐらいのものを教えてくれる。

とある”証券会社”の営業4

よく出来た”買い増し”方法で お客さんのお金は どんどん増えていく。 これが、微妙なのは 商品取引は株式のように個人名義で取引きするわけではなく 商社間の会社名義の取りひきなので 名目上は、お客様にも取引き明細を通知して いま、いくらの玉立てで いくらの金額になっていますていう 明細書は通知するが、その取引証拠は個人ではない。

とある”証券会社”の営業3

”暴騰、暴騰”を連呼して 営業をかける。 これってプッシュって言ってましたが、まさに押してる感じです。お客さんをおしてる感じでプッシュするって言ってる、いい感じです。 お客さんもあっけにとられて ”じゃ、わかりました”とか そんな言葉は一切なくっていうか まれにあるかもしれないが、ま~ほとんどないに等しい感じではあるが・・・、

とある”証券会社”の営業2

北浜にある、とある先物取引の会社に入った。朝は出社が8時15分ぐらいで、朝出社したら、先輩方のデスクを雑巾でふき 朝一の日経新聞をデスクの上に一人づつ配っていく。こんな朝の仕事ですが、それを終えると 朝飯のサンドイッチと飲み物を・・・。

とある”証券会社”の営業1

場所は大阪の北浜界隈ですが、時代は”バブル”以前の話で 今考えればいい時代で 銀行金利が5%の時代です。いわゆる”金利生活”が可能な時代です。 1億円あれば、年利が500万円。十分1年間の生活ができるいい時代でした。本当にいいですね、でも年代的には若いので 社会人のイロハも知らない頃ですから

たとえば、”リフォーム会社”の営業10

リフォームの営業が流行り出したころは、やっぱバブル崩壊で 不景気だったせいか 営業をやってる人たちの生活も 非常に荒れてた感じではあった。 昨日、海外から帰った人とか、商売で借金してる人 会社が倒産したとか 離婚したとか、そんな感じで事情もちんの方々がたくさん。