坂本龍一はよくデビッド・シルビアンとコラボってる。

坂本龍一はおなじみYMOのキーボード奏者


■YMO

坂本龍一はおなじみYMOのインテリ キーボード奏者で 昔、ディスコとかでめっちゃ流行りました。いわゆる”テクノ”です。男の子はみんなって言っていいほど テクノカット 耳の横を斜めに切ってるやつ。YMOの面々がみんなテクノカットだったからなんでしょうけど、みんなしてたね。また、服も東コレがはやって ニコルとかビギとかギャルソンとか そんな服とテクノカット一色でした。 


■アースウィンドアンドファイヤー

これが面白いことにその少し前はアースウィンドアンドファイヤーとかの黒人ソウルがはやって アフロでジーパンの 一見マッチ棒みたいなスタイルの人がめっちゃ 多かったのに一変して テクノ一色になった。なにこれって感じ。

YMOって一流の集まり


■矢野顕子

もちろん、音楽はYMOです。これもまた、細野晴臣さんとか 高橋幸弘さん?フォローのメンバーも高中とか渡辺香津美とか大村憲司とか あと矢野顕子とか小田とか、ちょっと変わったスタジオミュージシャンだらけで・・・。なんだか細野さんが 事務所の社長かなんかに 良い企画ないとか言われて 3人でYMOやったらあたったみたいな感じですが、メンバー見てると 日本の一流ばっか集めて 全力出してる感がすごいんですけど。

イメージキャラとして坂本は最高!


■坂本龍一

そんな感じでYMOがあって メンバーに坂本龍一がいて 東京芸大の音楽家 通称”教授”って言われてるひとらしいみたいな・・・。それで坂本龍一を知ったって感じでしたが、それまでは知らなかった。全然というほど知らなかったですが、細野さんと高橋幸弘は ユーミンだったり ミカバンドだったりで有名でしたが、なんとなく 坂本龍一売り出し中ってことでしょうか、ルックスも3人中では一番だし。テレビをほとんど見なく 哲学書ばっかり読んでるってことで かなりの秀才は言ってますし 結構、YMOのイメージキャラとしても最高じゃないでしょうか。

男色がテーマ?


■戦場のメリークリスマス

そんで、坂本龍一が売れた後に なぜか”戦場のメリークリスマス”って大島渚監督の ちょっとおかしな映画に軍服をきて俳優デビューした。ストーリーは、デビッドボーイ演じる米兵の捕虜がいかにも格好良くきれいで なんか 坂本龍一との間に男同士の恋心を感じるみたいな ちょっとBOYS LOVE的な 見方によってはエロチックなストーリーで このころの大島渚の趣味なんでしょうけど 他にも”御法度”とかありましたから、今でいうオッサンズラブ的な。大島渚のエロ話もついに男同士がテーマになったみたいで テクノとかバイセクとか 男がメイクするとか そういった時代の始まりですか。


■デビッドボーイ

”Forbidden Colours”っていう曲がいい。


■デビッド・シルビアン

その”戦メリ”の音を 坂本龍一が作ってて 今でも有名ですけれど クリスマスの時期になると ジョンレノンか山下達郎か この曲かっていうぐらい流れてますが、それに詩をのせて歌ってるのが デビッド・シルビアンで 題名が”Forbidden Colours”っていって どういう意味なんでしょう? 思うには”ちょっとあいまいな変な感情”のことなんじゃないでしょうか。男同士の愛がテーマですから なんしか大島渚ですから。で この歌がいい。デビッド・シルビアンはもとイギリスのJAPANってバンドのリーダーで 名前も日本びいきなんですが いきなり男メイクででてきて バイセクを感じる 綺麗でビジュアル、日本でもルックスをまねするバンドが多発しました。


■JAPAN

ビジュアル系バンドの始まりみたいな、それまでもデビッドボーイとかのようにメイクはあったが バンドのメンバーが みんな女性のごとくメイクしてるってあんまりなく 音楽もグラムっぽく 妖艶で聴く分には どことなく感じがよくって そんなバンドでしたが、後に土屋正巳とかもギタリストとして入ったり ベースのミックカーンも日本のミュージシャンとからんだりと 結構活躍したイギリスのバンドで 解散後のデビッド・シルビアンは結構 環境音楽的なものを作ろうとしていて 坂本龍一とも合作したりしたみたいで。

坂本龍一はグラミー賞ですから

この辺で坂本龍一という人が 面白いと思うようになった。バブルのころの音全体の 底音がなんとなくシンセのリフ とかが使われてる感じがあって そんな底音を坂本龍一が いろんなミュージシャンの曲に作ってたみたいで その後ラストエンペラーで アメリカのグラミー賞ですから すごいですよ。アメリカで認知されて ニューヨークに住んで 市民権を何年もまえにとったみたいで いまもアメリカに住んでると思いますが・・・。

■Forbidden Colours

日本とイギリスは影響し合ってる

いいですね、日本とイギリスのコラボ。日本とイギリスは 割と昔から 特にミカバンドがヨーロッパに影響したころからからんでるみたいで ブライアン・フェリーの前座をミカバンドがやって 一緒にライブ回りして 高橋幸弘はブライアン・フェリーと友達みたいですから、高橋幸弘も自分で服のブランドを持ってるみたいで ファッションデザイナーですから 結構、ファッショナブルな感じの付き合いは得意なんではないでしょうか。


好き嫌いはありますが おしゃれなのはいい。特に音楽とファッションはつきもんみたいなところありますから 発展場的にはいいことじゃないでしょうか?デビッド・シルビアンと坂本龍一とのコラボの” World citizen”っていう曲なんかも良いです


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする