高橋幸宏さんが、細野晴臣さんは天才だといってた。

細野晴臣さんは天才だと高橋幸宏さんが言ってた。

ユーチューブをぼーっと見てたら、細野晴臣さんは天才だと高橋幸宏さんが言ってた。興味深いです。どっちも好きなミュージシャンじゃないですか。高橋幸宏さんはサディスティックミカバンドにいて 加藤和彦や高中正義といっしょにバンドをやってた。バンドっても格が違う。加藤和彦率いるロックバンドが、イギリスにってうかヨーロッパに進出ですから、すごい話です。

”はっぴーえんど”の出発点の話を聞くと。

その高橋さんが、細野さんは天才だと・・・。これってどういうことなんでしょうか。細野さんはベースは天才的でっていうか これも”はっぴーえんど”の出発点の話を聞くと もともとみんなそんなギターがすごくうまいとか そんなでもなかったみたいなスタートで でも将来的なイメージと理想があって 一種洋楽かぶれな人間が集まってバンドを結成し、経験を積んでうまくなって スタジオミュージシャンになって、音楽ビジネスでご飯を食べていくうちに 実績を重ねてスーパーミュージシャンになって 細野晴臣は「YMO」やる。それが世界的にヒットし、坂本龍一が世界的に活躍するにつれ、「YMO」は世界でも評価されるバンドになっていく。すごいストーリーです。


■YMO メンバーがすごい。

それならということで「YMO」の発想があった。

でも このストーリーの発端は、細野晴臣なんでしょう。そこがすごいです。細野晴臣いわくですが、なんかで言ってましたが、事務所の社長がそろそろ いい企画はないですか みたいなことで それならということで「YMO」の発想があって なおかつ、今までひいてたベースという楽器を 電子音で表現する的な発想で シンセに強い技術者と組んで レベルの高いミュージシャンを集めて「YMO」っいう発想になった・・・、みたく言ってましたが。それにしても、この3人のミュージシャンのレベルがすごすぎて、別にすごいメロディーをやってるとは思えませんが、音楽の構成がすごいんでしょう。なんか聞いててそう思ってしまします。「YMO」はすごいですね。


■はっぴーえんど これもすごい。

スーパーバンドの経歴がすごい。

で、細野さんはどうなんでしょうか?天才なんでしょうか。高橋幸宏もすごいと思いますが・・・。大昔かな~、”トロピカルダンディー”みたいのを細野さんがやってて その前は、ユーミンのバックバンドでティンパンアレに入ってたので その前は岡林信康さんで別に仕事に困ってたわけではないでしょうけど、いつまでも”はっぴーえんど”的な音楽をやってたいって発想でしょう。今でもそう思ってるんではないでしょうか。それにしても、”はっぴーえんど””ティンパンアレ””YMO”という経歴は、まさに天才的です。尊敬します。


■ティンパンアレ これもすごい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする