河辺さんがよく使ってると思われるゲーリーのシュリンプ。

ゲーリーヤマモトの”SHRIMP”5インチです。

このソフトルアーもよく釣れるような気がしますが、なんででしょう。

sugoiアワーで河辺さんが このルアーのつけ方のいろいろをテレビでやってたので 河辺さんが開発した?そんな感じのルアーですが、ゲーリーヤマモトの”SHRIMP”5インチです。使うときはだいたい、ライトのテキサス、軽いオモリでゆっくり沈める感じで シンカーが底についてあとからこいつがついてきて 少しまってみる そうすっとバスがいたら スーと引いてく感じで ほぼ、バスが持って行ってくれる感じで誰でもつれる。

よく出来てる。前の爪が長くて やっぱテキサスようかな~、それと腹の横についてる 短いヒダみたいなのがきいてうのかな~。

この部分がプルプルします。カラーはやっぱ、グリパンですが。形状が綺麗でおしゃれです。シャープだがボリューム感もある。


■ゲーリーヤマモトの”SHRIMP”5インチ

ワンサイズ下でも反応がいい。

河辺さんが言ってたのが フックの取り付け方で 通常はオシリのほうからオフセットでさして 上で止めてって感じのオフセットのフックのつけ方、これを前からチョンがけする感じとか、真中にフックを通して このルアーを立たす感じとか いろいろつけ方を説明してましたが、通常のオフセットのつけ方で十分です。

で、通常は 一番大きいものを使うのが 結構、大型のバスが来るのでいいのですが 50センチぐらいのももちろんですが、このワンサイズ下のサイズも反応がいい。

ワンサイズ下のものを小さめのラバージグで リフトアンドフォールのリアクションで これが最高にきく。

リアクションで釣るってこういうことなのかと思うぐらいですが。


■こんな感じで、


■最近はこれ 超軽い目のテキサスで。

ラバジはリアクションで釣れる。

ある時 釣りを始めてベイトタックルの練習でもと思いながら このワンサイズ下のものを ラバジでリフトアンドフォールさせてたら 小さいがバスがヒットした。

周りの人は釣れてないのに なぜかヒット、その後もこのやり方で リアクションで45センチぐらいのものを釣った。アピール度満点のルアーです。

その時はラバージグでもフックがオフセットフックになってるやつ、これがいい。根がかりしないし、ルアーが案外自由に動く そこがいい。このルアー、ゲーリーのシュリンプはサイズに関係なく反応がいいような気がしますが、でもシュリンプのグリパンなら どのメーカーでも一緒なんでしょうか?

その辺が疑問ではありますが、どうでしょう。使ったことが無いのでわかりませんが、また、河辺さんの製作なら 河辺さんに感謝です。


■これをオフセットで装着です。


■ワンサイズ下もよく釣れる。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする