ASKAがCHAGE and ASKAから脱退って。

CHAGE and ASKAから脱退?

少しややこしいですが、CHAGE and ASKAって二人だから 解散でいいじゃないですか?って思ってたら なんか ファンのことを思って 脱退ってことにしたみたいなんですが・・・。昔から仲良く二人で歌ってたイメージがあって 少し不思議な感じではあるが、ASKAの事件があってから なんとなくASKAって気難しい人かなって 昔はそんなようには見えなかったんですが どこか考えるところがあったんでしょうか?昔はメロディーメーカーでもあるので なんとなく繊細で優しくって あまりしゃべらず 歌を歌えば結構 いい歌歌うし、人間的も出来てる人かな~って感じでしたが 余計なお世話かも知れませんが・・・。


■最近のASKAさんです。


■最近のCHAGE and ASKAです。仲良さそうですが・・・。

チャゲアスは福岡で この時代ってフォーク界にはいろんな先輩がたくさんいて 特に福岡って行ったら 井上陽水とか海援隊とかチューリップとか甲斐よしひろとか 一種、照和っていう場所のでの人たちがたくさんいて チャゲアスもそうなのかどうなのかは知らないが、ぜも 世のなかフォーク全盛期で・・。でもほとんど グループか一人で 男性デュオっていうのは珍しいっていうか そんななかでチャゲアスですから。歌もこの時代の歌ですから フォークソングというか歌謡曲というか ちょっと間違えば”演歌”って感じで それから ニューミュージックっていう呼ばれ方が出てきて ユーミンとかがその代表で チャゲアスの歌のふいんきもそんな感じに感化されてきてっていう時代の 話ですが・・・。


■井上陽水さんの”二色の独楽”です。いいアルバムです。


■そんな昔でもない吉田拓郎さんです。


■あまり若くない感じの甲斐バンドです。


■遠藤賢司さんです。

アスカもチャゲも才能ありってイメージで。

でも当時はチャゲアスの曲もすごくよかった。きれいなメロディーで。きけば、アスカがいいメロディーを思いついたら 電話で留守番電話にそのメロディーを吹き込んでっていうか 留守電に入れて それをためて6つぐらいのメロディーを組み立てて 1曲にしていくって言ってましたが、それはすごいって思ってました。まっ全部のセンテンスがサビってイメージで いい曲できるに決まってると思ってましたが 確かにいい曲が多かったですが。チャゲさんも女の子とデュエットで夏をテーマにした曲がヒットして チャゲもアスカも二人とも 才能ありって感じのイメージも出来上がり、このころのフォークの人たちがついてたのは やっぱ、バブル全盛期っていう時代に いろんなテレビに出て 特に”夜のヒットスタジオ”なんかを筆頭に バンバン行ってましたから ずいぶん儲かったんじゃないかな~って思うますが。それ以前のフォークの人たちには そんなかんじはなかったんじゃないのかな~。遠藤ケンジさんとか高田渡さんとか・・・。そのあとの陽水とかたくろうとか そのあとだと思うけど”チャゲアス”もすごかったと思いますが。その頃のアスカのイメージって やっぱ歌が良くって才能があって 優しそうなイメージで 人気もあっていい感じではあったと思いますが、まさかの実質 解散ですか。


■昔のCHAGE and ASKAさんです。

事件以後に変わった?

アスカさんには事件のことが重かったのではないかとは思いますが、いい曲を作ることに追われて 嘘か本当かわかりませんが”くすり”に手をつけて 余計神経質になって 多分、世間的な制裁もあったろうし、家族のことも多分に気をもんだろうし 今までのペースが一掃されてしまった感じで ライフスタイルも変えていかなきゃって感じで イメージも壊れて そんでもっといい曲書かないとっていうプレッシャーで そりゃ少し人間も変わるとは思いますが、凡人にとっては 印税もあるしそのへんはあせらず ゆっくり考える時間もあって うらやましいとは思いますが 本人にとってはそうでもないんでしょうか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする