”下関南部町郵便局”の中庭がいい。

この郵便局の庭が・・・。

そりゃもう 下関です。近代建築が結構ある。その中でも この”下関南部町郵便局”の1階にある喫茶の中庭ですか・・・、この空間がいい。

今回行った時はお休みで 入れなかったのですが 前回いったときには入れました。なんとなくおしゃれな空間です。このビル自体も 云わずと知れた有形文化財です。みればわかります、でも ま~看板は郵便局ですが。しゃれた郵便局です。


■郵便局の正面

もともとは赤間関郵便電信局として建てられた建造物で 明治33年に建てられたものだ。聞くに日本最古の郵便局建築物だそうだ。


■テラス的な・・・。

レトロな近代建築っていうのはわかりますが そんな明治の建物? そんな古いものには見えませんが・・・。

■タラヨウの庭


■ここでお茶します。

はっきり言って 唐戸市場の界隈

この辺は、唐戸市場があって その市場界隈の連絡船で あの”巌流島”に船で渡ることができます。まさに、宮本武蔵です。小次郎、武蔵の決闘があった島です。

昔 この巌流島に渡ったことがありますが、武蔵や小次郎の像があって まさに歴史的な島だということ物語ってました。


■レトロチックな装飾

結構、海が好きで そんなことよりも 海の水がすごくきれいなことが記憶にありますが・・・。

で 後々のはなしですが 結構、武蔵って人物は その強さがちょっとあいまいで ある説では、この巌流島の戦いでさえ 武蔵は部下を10人ぐらい 小次郎がくる以前に茂みにかくれさせておいて 試合になると、好きあらば部下全員で出て行って袋叩きにした みたいな・・・、

そんな逸話もあって 結構、武蔵の場合は戦略というか ずるがしこいっていうイメージあったって説もある。

これには驚きましたが なにせ、戦国の時代ですから 下手をすれば 即あの世の時代ですから それぐらい慎重であるべきだとは思いますが。


■横の建物の壁もいい。

近代建築が割に多い地域です。

そんな、歴史的地域にある 明治の建物、まさに近代建築 素晴らしい建物がある街です。

レトロ地区としては 少し小規模ではありますが、おすすめの界隈です。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする