ジョニ・ミッチェルはいいね!

高校ぐらいの時、ジョニ・ミッチェルを兄影響で聞くようになった。


■好きなアルバム ”HEJIRA”

ジョニ・ミッチェルはカナダ系のミュージシャン。

ジョニ・ミッチェルはフランス系のカナダ人で アメリカでカントリー系の音をやっていたんだろうけど、音楽界等の付き合いからなんでしょうけど、カントリー・ロック・ジャズ・クラシックに音楽が移行していったような気がするが・・・。ちょっと悪く言うと 付き合う男をてこにのし上がったみたいな、音楽と男がセットっていうか、でももともとすごい才能なのでそのほうがいいのか・・・。


■ジョニ・ミッチェル

日本のフォークシンガーがもう一つ。

とりあえず、ジョニの変則チューニングが面白かった。いい音がするというか 変わってる。当時は日本では、陽水とか拓郎とか そんな感じのフォークソング。ディランやビートルズの影響をうけたフォークソングが多かった。コード進行もいたって簡単で だれでも簡単に歌える。そんな時代。ジョニのギターの音はカルチャーショックだった。日本にはない、アメリカンカントリーのおいしいところって感じの音!

「ガロ」というバンドがいた。

ジョニ・ミッチェル系といえば、日本でも”ガロ”っていうバンドがクロスビー・スティルス・& ナッシュをコピってたみたいだ。この時代に変則チューニングを触ってるって 結構画期的だったとおもう。なんとなく情報薄で ある程度は耳コピ?これってすごく難しいとおもいますが・・・。そういう意味では ガロはわりにレベルがたかいんでしょう。このガロのボーカルさんが当時、矢沢永吉とかと友達みたいだったらしいが。


■クロスビー・スティルス・& ナッシュ 変則とハーモニーがいい。

■ガロ うれたね、”学生街の喫茶店” ロンドンブーツです。

ジョニ・ミッチェルは、作曲家だった。

ジョニ・ミッチェルは”いちご白書”という映画のサークルゲームっていう歌の作曲者として人気が出て その後アルバムを出すようになって、急にというか 突然、フュージョンジャズのメンバーをバックにつけて 自分の音楽を追及していったみたいですが、そのころの音がいまだにいい。”ドンファンのじゃじゃ馬娘”とか”ヘジラ”とかですが、ベースがジャコパスでギターがラリーカールトン・・・。このころの音が今も一番かな~。


■ジャコパス 初めて聞いた”ノーフレベース”すごい!

■ラリーカールトン エレキうますぎません!

オープンコードが面白い。

当時はネットもなく、情報誌 雑誌ぐらいしかなく それを探しても なかなか見つからないギターの弾き方、なんとなくオープンa だとか オープンdだとか そんな世界で それぐらいしかわからない それを、弦を触って 耳でいちいち合わせていくって感じで ジミヘンとかクラプトンとかは メジャーなので 雑誌でそのポジションは すごく紹介されていたが ジョニ・ミッチェルなんどは なかなか雑誌にも載っていなかった。音が取れないので 弾くことも歌うことも なかなか難しい、お金があれば情報が取れたんだろうけど・・・。

最近はネットでチューニングがオープンになってる。

それが最近はネットで ジョニ・ミッチェルのサイトで チューニングと コードのポジションがオープンになってる。すごいとか思って ギターで確かめてみる 結構簡単に弾ける、youtubeとかでも みんな弾いて歌ってる、いい時代になったね、やっぱ 自分の好きなミュージシャンの音と同じ音が結構出てる、出せてるとか思うと いいね・・・。時代って本当 おもしろい・・。生きてみるべきだね。


■ジョニ・ミッチェル サイト


■こんなのが全部オープンになってる!曲によってチューニングがバラバラ。

ウッドストックやラストワルツがキーワード。

こんな情報過多で 入る情報が無限大で そのスピードも速い時代に それをステップにして 新しいものを作るスピードも一段と早くなると・・・。特に最近は英語も グーグルとかで簡単に翻訳 英訳できるし グラム的な流行音を作って 英語で歌う。よければワールドツアーになる みたいな 契約金が世界になると何十億って感じになるし 音楽やってる子の夢も広がる・・・。まだまだ、日本でも理解されてない マイナーな音がすごくあって アメリカでは流行ってる 世界では評価されてるが 日本ではまだまだ 理解されていない音楽がたくさんあるような気がするが・・・。 ジョニ・ミッチェルもその一人だと思うが、知ってる人はすごく知っていますが、特にあれだね ウッドストックだとか ザ・バンドのラストワルツだとかがキーワードですが、彼女は音楽ビジネスが嫌いでとか 年齢のせいもあるんだろうけど 引退して余生を送っているが 将来、日本でもうけいれられればいいかな。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする