内田裕也という人の生き方がカッコいい。

内田裕也さんは関西出身です。


■内田裕也

内田裕也さんという人は、ロカビリー時代に大阪から東京にいって 歌手として成功し、その後ジュリーとかのプロデュースで成功して、そのあとは若手のロックミュージシャンを集めてライブのプロデューサーをやってたってイメージで 日本の音楽界ではかなりの大御所っていうか このあたりの人で生きてる人って数少ない。


■ミッキーカーチス

あと、ミッキーカーチスさんとか 佐川光男さんとか そんなとこではないでしょうか。だから裕也さんに意見できる人が少ないというか、そんでなくても かなりわがままに生きてる感があるので 余計ではないでしょうか。

プレスリーの影響はすごい


■エルビスプレスリー

しかし、エルビスプレスリーの影響っていうのもすごいですね、エルビス イコール ロカビリーって感じですか。この人の影響は全世界でしょう、ロックンロールとちょっと悪っぽいルックスが最高に受けがいいでしょう。確かに格好いい。裕也さんもそうでしょうし、ジョンレノンなんかもそうです。裕也さんもビートルズの初来日公演では、尾藤功さんとかと出演してます。


■John Lennon

内田ファミリー!

内田裕也さんといえば、音楽界というか芸能界でも なんか裕也ファミリー的なものがあるらしくって、力也さんしかり、その下に宇崎竜童さんとか白竜さんとか、石橋凌とか 結構、クールなロックンローラー的な あと最近ではみなさん俳優さんとかされてて 芸能の仕事に関しては人間関係を作っておくぶんには ファミリーに入ることがやっぱ優位なんでしょうか。特に裕也さんは若手のミュージシャンを集めてライブをやってたりするので やっぱ、みなさん売り出し中に世話になってるので 居心地が良ければ仲間になってしまうのでしょうか。でも、裕也さんのファミリーには歌のうまい人たちが多い。ジョー山中さんとか白竜さんとか、歌が上手です。格好いいですね。

プロデューサーとしても有名


■キャロル

また、内田裕也さんといえば、矢沢永吉さんのキャロルがデビューするときに 内田裕也かミッキーカーチスにプロデュースをお願いするに当たって 裕也さんに御免なさいと言って謝って ミッキーカーチスさんにお願いしたという話も有名で どちらでもって感じはするが 後々の圧力を考えれば、裕也さんは影響ありすぎかなとは思いますが、デビューしたころのキャロルも裕也さんがやるライブやコンサートによく出させてもらってるイメージがありますが、それだけ キャロルというバンドが面白かったのか 裕也さんが大目に見たのかわかりませんが。

イベントプロデューサーとしても最高じゃあないですか。


■沢田研二

内田裕也という人は、その時代の良いバンドを選んで ライブやイベントをプロデュースするにあたっては才能ありますよね。ジュリーとかキャロルにしても結構、長生きしてるというか 日本を代表するエンターティナーになってますから。反対に力関係で 誰かをスターにするには、やりやすいい時代だったのか その辺は不確かですが、でも裕也さんの人を選ぶセンスはかなりポピュラーでいいセンスしてると思いますが、人の選択が悪くって不発っていうのも多いですし、力やお金で動きすぎて最悪なイベントになったりするケースもあると思いますし そこそこ良い物を続けないとそんなにロングランで有名になることはないと思いますので 内田裕也という人は、たとえ大御所とはいえ 長い間、一線で活躍されてるし やり方やセンスもかなりいものを持ってるのではないでしょうか。

常に自分も前に出てうたう。

■内田裕也

内田裕也さんの良い所は、常に自分が舞台で歌ったり 目立ったりしていたいところでしょうか、イベントのプロデュースをして自分もでる、見かけも格好いいので その辺はポールとかミックジャガーとかとあまり変わらない いつまでも格好良くを生きてる、やっぱロックンローラーは太ってはいけないを維持してますし、常に自分が一番格好いいっていうのを目出してる!この辺がすごい人です。普通ならプロデュースとか作曲家とか作詞家とか 自分は前に出ない、クリエイティブに生きて 印税生活をする、高額なプロデューサー料をもらうって感じですが、自分もいつまでも歌手でスタイルを維持しセンスを維持して 格好いいやつを見つけて それをしのぐためにまた頑張るっていうのが 格好いいね。とにかくいくつになっても一線で 自分がやっていくっていうのが内田裕也の格好いいところなんでしょう。もしかして 自分でお客さんを確かめるためにやってることかもしれませんが いわゆるマーケティングでやってる?でも、自分がやることで 頭で考えるのと現場との違いがわかるので 言いたいことも良いやすいのかもしれませんが。昔の歌うたうと格好いいですもんね

良い人生ですね。


■樹木希林さんと・・・。

とにかく、芸能界への値の張り方がすごいというか それだけ動いてきた人なんでしょう。すごい努力ですね。歌手だったロカビリー時代、ビートルズの前座にでてジョンと出会って その時代の格好いいロックンロールをやる、エンターティナーとして 自分で人を集めてライブやイベントをやっていく。ロックンロールのよさをみんなに見てもらう。自分もいつまでも その一線でみんな以上の歌をうたってみる。どっぷりロックに浸ってみる。一生自分の好きなことをやっていく、めっちゃうらやましい人生です。そんな内田裕也さんも奥さんの後を追うように亡くなられました。ご冥福をお祈りいたします。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする