エド・シーラン、昨年の基本給は22億円超!ってすごい。

エド・シーラン、イギリスのミュージシャン

エド・シーランってイギリスのミュージシャンで、昔女性芸人の誰かが 好きなミュージシャンっていうことで話題にしてたら いきなり本人が出て来てびっくりって光景をテレビで見ましたが、この見かけ普通の 決して格好いいわけでもなく 普通のイギリス人ってことで 今年29歳になる青年が 去年の基本給が22億ってすごいです。その他のコンサートなどの興行収益からくるリベートを足すといくらぐらいになるんでしょう。アメリカでは一時、レディ・ガガが年間、80億とかいってましたから そんな金額になるんでしょうか?ミュージシャンって まだまだ、夢が持てる話です。エドはこれらの収入で不動産を多数保有してるみたいで 現在保有数は22物件で総額、62億円相当だということです。すでに不動産事業やってますって感じで その利益で生活は安定したものなんでしょう。でも、これからのミュージシャン 夢がある。

■”I See Fire”


■エド・シーラン


■レディ・ガガ

”I See Fire”

2013年に、イギリス映画で有名な「ホビット」シリーズで「ホビット 竜に奪われた王国」で”I See Fire”っていう曲が使われて 翌年に出したアルバムがイギリスで1位になったらしく、イギリスのプラチナ・ディスクになったらしい。シンガーソングライターでは、久々の世界標準のスーパースターじゃないですか、そんで少しは曲も聴いたことはあるが、改めて別の曲をyoutubeで聴いてみる。そうすっと、やっぱ、悲しみがあって優しい声 ギターって感じで ポピュラー?売れ線の音楽で、少し宗教上の音楽を感じるぐらい 全体的に綺麗!やっぱ、声が綺麗か。昔も今もこんなやさしい音楽や音は聴きやすいし、けっして難しいとは思わないが 売れ線的によく出来てる。昔からすごいよくある音楽なんですが、入ってくる感じがいい。


■ホビット 竜に奪われた王国

u2を抜いた興行収益がすごい。

2017年から2019年のツワーの興行収益と動員数がu2がもってたワールドレコードを抜いたそうで そりゃすごいんじゃないですか。u2の音楽もポピュラーではかなりいいので それを抜いてるってことですから。でも、いつの時代にも こんな音っていうか悲しみや愛のあるメロディーや歌 すごく優しい音が やっぱ人気が出るのかな~。好きになる人の幅が広い。2019年のツワーにはone ok rockがオープニングアウトとして出演したみたいだが、世界一のミュージシャンと一緒に日本のバンドがやれるって すごい。ってことはone ok rockも世界の可能性があるってことですから。でも、世界は 特に音楽については東洋人は結構、世界的には敬遠されがちだから 結構難しい感じだとは思いますが・・・。でもがんばれって応援したい感じです。曲的にはone ok rockも負けないくらいのクオリティだし、英語だし、日本のバンドが去年の給料が80億って感じになればいいが、ストーンズみたいに ワールドツワーの契約が100億とか そんな感じになればとは思うが、やっぱ、市場規模の違いを打破することはできないのか?世界的に やっぱ東洋人って少ないし、中国が市場になるには まだまだ先のことだし。そんでエド・シーランは、今後の活動はしばらくお休みらしいです。


■U2


■one ok rock

■ Ed Sheeran
1991年2月17日(28歳)
イギリスのシンガーソングライター。
『グラミー賞』4回受賞(13回ノミネート)
イングランドのウェストヨークシャー・ハリファクスにて、アイルランド人とイングランド人の両親の元に生まれる。
ルーパーペダルとアコースティックギターを駆使し、特徴的なメロディーを奏でる。
芸術一家としても知られており、アートキュレーター(美術講師)の父と自身のグッズ製作を行う母はジュエリーデザイナー、2個上の兄マシューは、現在作曲家として活躍。
2011年 『+』でレコードデビュー。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする