高橋幸宏という”ドラマー”は魅力的じゃない。

高橋幸宏はドラマーだったり、デザイナーだったりする。

高橋幸宏は「YMO」とか「サディスティックミカバンド」とかに所属していたドラマーだ。また、同時にファッションデザイナーでもある。ここが面白い。「YMO」のときの、日本兵的な服とかも彼の作品なんでしょうか。いい感じの服でした。「YMO」って書いたおそろいのシャツなんかもそうなんでしょう。いい感じです。また、高橋幸宏は「YMO」のときに歌なんかも歌ってる。これもまた、魅力的で非常に好みです。


■高橋幸宏

高橋幸宏の交友関係はすごい。

彼は、東京生まれで東京育ちなんでしょう。立教高校から武蔵野美術大学に行って、中学校ぐらいからドラムをたたいていたそうだ。また、「ガロ」のバックバンドに参加し、大学時代には、つのだひろの代わりに「サディスティックミカバンド」に参加、その後「YMO」に参加して 超有名になって 今やソロ活動はもちろん、音楽プロデューサーを多数やってるって感じなんでしょう。原田知世さんのアルバムは聞いたことがある。また、「サディスティックミカバンド」のときには、ブライアンフェリーのロキシーミュージックの前座でツアーに同行し、ブライアンフェリーとも交友がある。また、なぜかファッションデザイナーの山本耀司が音楽をやりたいって言った時も そのサポートもしてる。この辺のファッションでの付き合いも面白い。あと、「YMO」で売れているときのお笑い参加、竹中直人との掛け合いの音楽コントなんかも面白かった。今でもユーチューブとかでみれる。


■ガロ


■サディスティックミカ バンド

高橋幸宏はミュージシャンの王道を行ってる。

高橋幸宏さんも、この時代のミュージシャンの王道を行ってるみたいな人だ。武蔵野美術大学とかサディスティックミカバンドとか、このころの天才的なスタジオミュージシャンの集まり?矢野顕子とか細野春臣とか、ユーミンとか ユーミンは作曲家になりたいんだったか そんな人の集まりの中でドラムをたたいて 腕をあげて そりゃ沢山の一流ミュージシャンとずーっとやってりゃ すごいことになりますわ。ま、一流のドラマーではありますが、ドラマーなので個性とかが外に出にくいように思いますが、歌に関しては、ヨーロッパ的なグラム的な感覚の歌い方をするので なんか、ブライアンフェリーを意識したような ビブラートがきれいに出てる歌い方、すごく個性的で 素敵な歌い方だ。歌がうまいです。


■YMO

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする