”坂出市郷土資料館”です。真っ白な館です。

坂出界隈もいい場所がたくさん。

香川県の坂出市っていう場所も 古い洋式建物が多いところです。

いずれも、多分の有形文化財になってるものと思いますが、もごたえ十分な街になっています。お勧めは、やっぱ、電動自転車を駅前で借りて 市内を周遊することです。


■板塀のペンキが非常に禿げてますが・・・。


■駐車場からです。

この日も 坂出駅まで電車で行って それから、駅前で電動の自転車を借りて なんとなく、のんびりと市内を回っていく。

その道路沿いに いろんな立派な建物が 見えてくる。しかも、結構 線路ぞいにあって 地形的にわかりやすい。


■緑も豊かです。


■なぜかポストがあります。

”坂出市郷土資料館”です。

そんな中で この”坂出市郷土資料館”です。ちょっと、わかりにくいが きちんと駐車場もあり、結局 観光地になってるのかな~、それとも 現地の人々にも多分に 利用されてるのか。

その日は 駐車場に車はあるが 建物の中には 人の姿は あまり見られなかった。実際は、表玄関は 線路方向にあって 駐車場がある入口は 裏門のようで、やっぱ表門のほうが 立派だ。この建物は、大正8年に坂出商業学校として建設されたもので木造二階建の寄棟瓦葺で、 中央にサイレンを置く小さな塔がある。


■入口です。


■全体像です。

土台は花崗岩、正面中央の階段も花崗岩製、壁はシコロ壁で、 窓は格子の上下引き上げ窓とするなど大正建築のモダンな建物だ。

坂出市内の学校建築としては最古のものだそうです。そのすぐ横とかに 郷土博物館の立派な建物なんかもあって 見ごたえがある。

その日は 少し雨模様で 建物の中で雨宿りをしたり 雨が上がると また、電動自転車で ぶら~と街をうろつく。

スマホで写真をとていなければ 完璧に不審者だ。


■郷土博物館の看板があがっててわかりやすい。


■建物が立派です。

だけど、自転車が新しく レンタルって書いてるので 大丈夫か?そっか。とにかく この線路沿い 見ごたえがありです。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする